ながたらしい悠惺のにっき

悠惺のブログ

二〇一五年葉月

ブログネタ
日々の話題 に参加中!
八王子市中心部の中町に残る花街はいつ始まったのか。
断定できる史料はないが、明治から主産業として栄えた織物業の歴史と重なる。
機屋が織物の買い付けに全国から訪れる問屋商人をもてなす場に使われたのが起こりといわれる。
八王子の花街が繁栄のピークに達したのは戦後だ。
「中町史」によると、1952年(昭和27年)には料亭が45軒、芸者が215人に上った。
その頃の八王子の織物業界は「ガチャマン(織機をガチャンと動かす度に大金がもたらされたという意味)」と呼ばれる黄金時代にあった。
だが、昭和30年代後半からの織物業の衰退に伴い、芸者の数は減少し、97年には14人に減ってしまった。
だが近年、再び息を吹き返しつつある。
救世主として多くの関係者らが一目置くのが、置き屋「ゆき乃恵」を経営する恵さんだ。
踊りや三味線など芸事がしっかりできる芸者になりたいとOLからこの世界へ。
2001年の独立前につくった芸者募集のポスターが芸事に憧れる若い一般女性の心をつかんだ。
現在ではホームページを見て門を叩く20代の女性が増えているという。
八王子芸者の数は現在20人。
置き屋も7軒に増えた。
稽古に熱心な若い芸者が多いと客の評判も良い。
来年には都心でも珍しい「半玉」と呼ぶ年少の芸者見習いのお座敷デビューもある。
花街は八王子にとって大切な文化財産。
経済界などが結成した「八王子黒塀に親しむ会」の福山真吾会長も全面的な支援を約束する。
本日のインフォーメーション、「パーフェクトワン」についてのお友達サイトをご紹介します。
パーフェクトワン
化粧水、乳液、クリーム、美容液、パック、化粧下地の役割がワンアイテムで済ませることができます。
5種類のコラーゲンを配合で、みずみずしくなめらかで、輝くハリ肌へ導いてくれますので、乾燥すると目立ってくる気になる目元や口元のエイジングサインもケアすることができます。
洗顔後の肌にワンステップで潤いを与えて保ってくれます。

ブログネタ
日々の出来事 その2 に参加中!
鉄道を新設する際、用地確保と周辺開発は別々に進めることが一般的だ。
鉄道会社は独自に鉄道用地を確保し、宅地整備はこれとは別に、域内の地権者が土地を出し合って区画整理する。
宅鉄法の適用を受ければ、鉄道用地を組み込んだ区画整理が可能で、早期に統一感のある街づくりを実現できた。
同法は事実上TXのための法律といわれ、後にも先にもTXにしか適用されていない。
こうした開発で沿線の人口は大きく増えた。
開業当時から今年4月までの人口増加率は守谷市、つくばみらい市では20%前後に達する。
開業の遅れも結果的に好材料になった。景気低迷期に計画を見直したため、需要予測の下方修正を迫られた。
追い越し車線など一部設備を先送りし、1兆円を超える見込みだった建設費を約8千億円に圧縮。建設費の80%を国や沿線自治体が無利子で貸し付けた。
ただ先行きは楽観できない。
人口減少が進む中、需要を維持するのは簡単ではない。
東日本旅客鉄道は今春、上野止まりだった常磐線を東京や品川にも乗り入れるようにした。
ライバルのTXは秋葉原止まりだ。
沿線開発も道半ば。茨城県は街づくりのための土地の先行取得に累計1839億円を投じている。
約415ヘクタールのうち14年度までに処分できたのは4割弱。
原資とした県債の残高は1500億円を超える。
地価下落もあり、全て売り切っても完済できない見通しだ。
TXも6千億円以上の実質債務を抱える一方、沿線からは東京駅への延伸要望が根強い。
少なくとも1千億円規模の費用がかかるため慎重な検討が必要。
沿線の発展と業績の安定という二兎を追う経営を迫られる。
では、推奨サイトをご紹介します。
馬刺しの通販ならdanchuでも紹介された熊本の名店がおすすめです。
http://www.basasituuhan.com/
こんにちは、馬肉料理を愛して止まない自称美食家の貝藤です。
今日は、絶対に後悔させない「馬刺し通販」のおすすめサイトをご紹介いたしましょう!!!!



ブログネタ
日々の出来事 その2 に参加中!
日本製紙は東京大学からライセンス供与を受け、13年11月に岩国工場に年産30トンの実証実験用製造設備を設置。量産に向けたノウハウを蓄積してきた。
今後、化粧品の原材料などの商品化を狙う。
九州大学と共同研究を進めてきた中越パルプも17年度に量産を始める。
実証試験用の製造設備がある高岡工場など国内に生産ラインを設ける。現在の生産能力は年間数十トン以下だが、10倍に高める。
量産で生産コストを下げ、自動車部品向けに売り込む。
大王製紙も愛媛大学と共同で包装材料への応用を研究している。
CNFをシート状に加工すると酸素をほとんど通さず、食品の鮮度が落ちるのを抑えられる。
5年以内に食品用の包装材などとして製品化を目指す。
CNFの国内生産能力は現在、年間60~70トン程度とみられ、1キログラムあたりの製造コストは5千~1万円程度で高止まりしている。
自動車などに使う炭素繊維は1キログラムあたり3千円程度。
製紙各社は量産効果で炭素繊維より価格を引き下げ、20年をめどに普及の目安とされる1キログラムあたり1千円への引き下げを目指す。
ネットサーフィン、お勧めサイトです。
お金はいくらあっても困らないもの、しかし全く無いと途方に暮れるしかないものです。
無駄遣いをしない、こまめに貯金の残高を確認するなどしてお金の管理をしっかりとしつつも風水を自分なりに研究していき財布に取り入れていきましょう。
ただ、風水の財布は、最初の内はまず手始めに長財布で牛革、茶色のものを探すようにしてみましょう。
そこから更に自己流で展開していくのもいいかもしれません。
財布風水

ブログネタ
今日のつぶやき に参加中!
昨年の建軍記念日(8月1日)にあわせてネット上に流されたアニメーションがあった。
中央宣伝部直轄のニュースサイトによる「軍服を着た習近平」と銘打った動画だ。
軍人として昇進していく習の経歴、全国の軍区や艦隊の視察の様子を詳しく紹介していた。
クライマックスは軍所属のスター歌手、彭麗媛との結婚――。
アニメでは、ハートマークの中で若き習と彭麗媛が仲良く手をつないでいる。
わざわざ「一目ぼれ」だったとの説明まである。
芸能ニュース好きの大衆を意識した演出だった。
庶民をターゲットとするこの動画の狙いは別にあった。
習は若い頃から極めて軍に近く、今も軍をしっかりと掌握しているんだぞ。
極めて政治色の強い宣伝だ。コンピューターゲーム画面を見るような面白さもあり、動画は数億人のスマートフォンを使う庶民らに広く伝わっていく。
習主席の虎退治の姿勢はいいね。
前トップ(前国家主席の胡錦濤)は何もしなかったから……。
今のところ政治談議が大好きな北京のタクシー運転手でさえ習を支持している。
少し前、北京の料理屋でどこの料理か尋ねると、10代の女性店員が親しみを込めて「習大大の料理よ」と答えた。
習一族の故郷、陝西省の料理という意味である。
苛烈な反腐敗運動で多くの政敵を捕まえ、彼らの恨みを買おうとも、大衆の支持がある限り、習の地位は当面、安泰だ。
とはいえ習人気はいつまでも続くわけではない。
大衆は飽きやすいのだ。特に周永康のようなわかりやすい大虎退治のショーが終われば、見せ場は少なくなる。
株安、景気の後退が庶民の暮らし向きに直接、影響してくればなおさらである。
2年後の党大会での最高指導部人事まで大衆人気を保つのは容易ではない。
共産党が全てを仕切る中国には、習の大衆人気を客観的に調べる「内閣支持率」のような調査は存在しない。
だが、そもそも強い支持基盤を持たない習は、大衆人気が衰えれば自らの政治力に響くことを熟知している。
ここは日本の首相、安倍晋三と同じである。
さて、習はこれからどうするのか。
本日のお勧めサイトのご紹介です。
■フィットちゃんランドセル|今期モデル【20%OFF】はこちらです。
http://www.xn--h9j8c2b3cyi4a7fs762aeswab71ai69h.com/
A4サイズのクリアファイルがスッポリ収納できるということは、学校行事などで必要な書類、保護者宛ての書類なども折り畳む必要がなく、綺麗なまま家庭に持ち帰ってこられることになります。
こういってはなんですが、多少粗雑な性格のお子さんだとランドセルに入らないからといって乱暴に折り畳むこともありますから、折り畳まずに収まるというのは親御さんにとって有難いのです。
このようにお子さんにも親御さんにも優しく、安全を考えてくれているフィットちゃんは、とても頼れる存在であると確信し、フィットちゃんランドセルに決めました。
以上、「フィットちゃん限定価格」に関する情報でした。

このページのトップヘ